FPが教える「お金を貯める・増やす」コツ

お金を増やす

「老後のお金を貯める・増やす」コツお金を増やす


お金を貯めるだけでは限界がある

お金を貯めることはいいことだとされています。

確かに、ある程度の貯蓄は必要ですよね。

大きい買い物をするにはまとまったお金が必要ですし、いざというときのために多少の蓄えは欲しいものです。

でも、貯めるだけだと限界があるのも事実です。

例えば、20歳で就職した人がいて、彼が一年に100万円ずつ貯めたとしましょう。

月に8万円ちょっとということですね。

彼が60歳で退職したとすると、退職までに貯まっているのは4,000万円ということになります。

正直、少ない気がしませんか?

多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれですが、毎月8万円を40年コツコツ貯めても程度にしかならないと言う感じがします。
私には。

これでは足りないと言う人は、お金を増やすという事を考える必要があります。


増やそうとして減ることもある

さて、実際にお金を増やすことを考えようとする前に、出鼻をくじくような話をしなければなりません。

残念なことですが、お金を増やそうとして、逆にお金が減ってしまうこともあるということです。

例えば株式市場を見てみれば明らかなように、株価が上がる日もあれば下がる日もありますよね。

当たり前のことですが、実際にお金を増やそうと意気込んでいるときはなぜか忘れてしまう人が多いんですよね。

ここで考えて欲しいのは、どんなお金なら危険にさらしてもいいのかという点です。

例えば、子供の学費のためのお金が減ってしまったら大変ですよね。

家賃にするはずのお金が足りなくなっても問題です。

つまり、生活に必要なお金は無理に増やそうとしてはいけないのです。

特に、お金を使うまでの時間が短いものを無理に増やそうとするような行為は絶対に慎まなければなりません。


お金を増やす…どのくらい速く増えるのか

お金を増やすと言っても、一般の私たちにどの程度増やすことが出来るのでしょうか。

なかなかイメージがわきにくいですよね。

そこで、ちょっと計算してみましょう。

最初に100万円投資することにしましょう。

この100万円をもとに株を買ったり国債を買ったりした投資した結果、一年で5%の増えるとします。

つまり、5万円の利息が付くことになりますね。

次の年に利息の5万円も含めた105万円を、さらに投資することにしましょう。

2年目も5%の増えるとしましょうか。

この方法を10年続けていくと20年後にはどのくらい増えていると思いますか?

毎年、5%だからたいしたことないと思いますか?

実はこのようにお金を増やしていくと、最初の100万円がおよそ265万円になります。

なんと、2.5倍以上になるんですね。

もとでの100万円を年間5%増やしさえすれば、20年後には2.5倍になって返ってくるわけです。

5%くらいなら一般の私たちでも何とかなりそうな気がしませんか?

大事なのは長い期間で考えることと、元金から増えて戻ってきた分も次の年の投資にまわすことです。

具体的な計算は「複利を使って大きく増やす」をご覧ください。

この「複利」と言う考え方を理解することは、お金を増やす上で大切です。

ぜひ理解していただきたいと思います。


お金を増やすにはどうしたらいいの

さて、実際にお金を増やすにはどうしたらいいのでしょう?

ちょっと長くなりそうなので、「どうするとお金が増える?」のページで解説予定です。

スポンサードリンク

お金を増やす
どうするとお金が増える?
複利を使って大きく増やす
株式投資とは
不動産投資とは

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。
ご自由にリンクしていただいてかまいません。

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください