FPが教える「お金を貯める・増やす」コツ

複利を使って大きく増やす

「老後のお金を貯める・増やす」コツお金を増やす


複利と単利

利息には複利と単利という2つの種類があります。

どちらもなじみが薄い言葉かもしれません。

実際に自分のお金を増やそうと思ったときに、「複利」の考え方を用いることが大事です。

それでは、単利・複利とはいったい何なのかといったあたりから見ていきましょう。


単利とは

元金に対してだけつける利息の事を単利といいます。

「なんのこっちゃ?」って感じですよね。

具体例を出して考えて見ます。100万円を5年間預ける場合を考えましょう。

単利で年5%の利息がつくとします。

年5%の利息なので、一年たつと、5万円の利息が付きますね。

当然、その次の年以降も5万円の利息が付きます。

そうすると、5年後までには元本の100万円と5万円の利息を5回受け取ることになります。

100万円+5万円+5万円+5万円+5万円+5万円=125万円

つまり、最終的には100万円が125万円になるわけです。


複利とは

単利は元本にだけ利息がつくという考え方をしました。

一方の複利は利息にも利息がつくという考え方をします。

これも具体例で考えてみたほうが分かりやすいでしょう。

先ほどと同じように、100万円を5年間預ける場合を考えましょう。

今回も5%の利息が付きますが、複利です。

一年たつと、元本の100万円に5%の利息がつき105万円になります。

ここまでは、単利と同じです。

2年後からちょっと違っています。

今度は、一年目終了時点の「元本+利息」の105万円に利息が付くんですね。

100万円×1.05=1,102,500円

つまり、2年後には1,102,500円になります。

この時点で、単利の場合より、2,500円お得です。

以下同様に、3年後に1,157,625円、4年後に1,215,506円、5年後に1,276,281円と増えていきます。

この計算から分かるように5年間かけて100万円が1,276,281円になるわけです。

単利と比べ、26,281円お得であることがわかります。

5年くらいだと、それほど大きな差はありませんが、時間がたつとこの差が更に大きくなります。


単利と複利を比較してみる

ここまでの結果を表にしてみましょう。違いを見やすくするために20年分の表にします。

複利 単利 複利−単利
元本 1,000,000円 1,000,000円 0円
1年後 1,050,000円 1,050,000円 0円
2年後 1,102,500円 1,100,000円 2,500円
3年後 1,157,625円 1,150,000円 7,625円
4年後 1,215,506円 1,200,000円 15,506円
5年後 1,276,282円 1,250,000円 26,282円
6年後 1,340,096円 1,300,000円 40,096円
7年後 1,407,100円 1,350,000円 57,100円
8年後 1,477,455円 1,400,000円 77,455円
9年後 1,551,328円 1,450,000円 101,328円
10年後 1,628,895円 1,500,000円 128,895円
11年後 1,710,339円 1,550,000円 160,339円
12年後 1,795,856円 1,600,000円 195,856円
13年後 1,885,649円 1,650,000円 235,649円
14年後 1,979,932円 1,700,000円 279,932円
15年後 2,078,928円 1,750,000円 328,928円
16年後 2,182,875円 1,800,000円 382,875円
17年後 2,292,018円 1,850,000円 442,018円
18年後 2,406,619円 1,900,000円 506,619円
19年後 2,526,950円 1,950,000円 576,950円
20年後 2,653,298円 2,000,000円 653,298円

この表からいくつかわかることがあります。

● 期間が経つほど複利と単利の差が大きくなる

5年目には26,282円しかなかった複利と単利の差が20年後には653,298円の差になっています。

元本が100万円で60万円以上の差がつくわけです。

これは見逃せないですよね。

これは単利のほうは何年たっても毎年5万円の利息しかつかないのに複利のほうは利息の利息という形でどんどん利息の額が大きくなっていくからです。

特に注目してもらいたいのは19年後から20年後の期間で複利のほうは126,348円もの利息がついています。

もともとの元本が100万円だったことを考えれば元本に対して12%以上の利息がついている計算になります。

● 100万円を寝かしておくだけで200万円以上になる

この表から単利の場合で100万円が200万円、複利の場合では100万円が260万円以上になることが分かります。

数パーセントの利息がつくだけでこれだけ大きな結果を得ることができるわけです。

スポンサードリンク

お金を増やす
どうするとお金が増える?
複利を使って大きく増やす
株式投資とは
不動産投資とは

リンクについて

このサイトはリンクフリーです。
ご自由にリンクしていただいてかまいません。

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください