年金をもらう時期を早くしたり遅くしたりすることができるの?

問い:年金をもらい始めるタイミングを早くしたり遅くしたり出来る?

国民年金や厚生年金をもらい始めるタイミングは、自分の意思で早くしたり遅くしたり出来ます。どのくらいの期間ずらすことが出来るのでしょうか。また、そうする事のメリット・デメリットは何なのでしょうか。

簡単に見てみましょう。

60歳から70歳の間で自由に変更できる

年金はいつからもらえるの?」というページでも書きましたが、原則としては、年金をもらい始めるのは65歳からです。上記のページでも書いたように、生まれた年によっては例外もありますけどね。

しかしこの原則とは別に、自分で国民年金や厚生年金をもらうタイミングを早くしたり遅くしたりする事が出来ます。生まれた年によって扱いが違うのですが、60歳から70歳までの間で変更ができるのです。

このときに注意したいのが、もらえるタイミングで月々の給付額が異なるという点です。年金の受給の開始を早くする場合は、月々もらえる給付額が少なく、遅くする場合は月々もらえる額が多くなります。

まあ、これは当然ですよね。老齢年金というのは、被保険者が亡くなるまでが受給の期間です。受け取り開始をずらしたら受給期間も変わりますから、それにあわせて年金の受給額も変えないと不公平です。

ちなみに、60歳でもらった場合は65歳で普通にもらう場合に比べて、月々の給付が30%減額されます。30%が最大の減額率ですね。

逆に70歳でもらい始めた場合は給付額が42%の増額になります。この42%増が最大です。

具体的な増額・減額の計算は次のようになっています。

減額率= 繰上げ請求をした月から65歳到達月の前月までの月数× 0.005

増額率= 受給権発生(取得)月から繰下げ請求月の前月までの月数× 0.007

どのタイミングでもらい始めるのが最も給付額が多くなるかは、何歳まで生きるかによって異なります。健康に自信があって長生きすると思っている人は、受給開始を遅くしてもいいでしょう。

更に詳しい情報が必要な人は、日本年金機構のサイト内になるの次のpdfファイルをごらんください。色々な例外規定があるので、自分の場合はどうなのか確認するのは大事です。

ただ、色々細かい事が書いてあるので、読むのは大変かもしれませんけどね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。