付加年金を利用しよう| 国民年金増やす簡単な方法です

問い:付加年金ってなに?どんな効果があるの?

国民年金の受給額を増やす方法に、付加年金が利用できます。とは言え、付加年金についてなじみが無い人が多いでしょう。一体どのようなものなのでしょうか?

月々400円の負担で国民年金の額を増やす事ができます

付加年金は手軽に国民年金の額を増やす事ができる制度です。

毎月支払っている国民年金の保険料に、たったの400円プラスするだけです。それだけ、将来受け取れる国民年金の受給額が額が増えるのです。

受給額がいくら増えるのか

付加年金に入ると、「付加年金に入った月数 × 200円」が毎年の年金に上乗せされます。

例えば、あなたが付加年金に入っていた期間が20年(240ヶ月)あったとします。そうすると、一年間にもらえる年金の額が、48,000円(240×200円)増えるわけです。

付加年金のいいところは、たったの2年間で付加年金に払った保険料を取り戻す事ができると言う点です。

上の例の場合、付加年金の保険料は96,000円(240×400円)払っています。これは一年に増える給付48,000円のちょうど2倍ですね。

つまり、年金をもらい始めて3年目以降分は入らなかった場合よりプラスになるのです。年齢で言うと、67歳よりも長生きしたら得をするということですね。

参考:インフレを考慮に入れると…

上の議論は、インフレを考えない大雑把な議論です。実際は、20年の間に物価が上がると考える方が自然でしょう。

現在の400円と数十年後の400円は、見た目の金額は同じでも、その価値は全く違うはずです。ということは、単純に2年で元が取れるとは言えないわけです。極端なインフレが有った場合は、付加年金に入る方が損だということにもなりかねません。

まあ、常識的な範囲のインフレなら、仮に物価の上昇を考慮して考えても、通常は数年で元が取れると考えていいでしょう。付加年金は年金を増やすお得な制度だと言っていいと思います。

ただ、インフレを気にするのなら、40歳を超えたくらいから入っても良いのかもしれませんね。支払った期間が受給するタイミングに近ければ、インフレの影響は小さくなりますから。

付加年金に入れる人は

とても残念なお知らせですが、誰もが付加年金を使えるわけではありません。付加年金に入れるのは、国民年金の保険料を払っている人だけだと思ってください。

まず、厚生年金や共済年金に入っている人は付加年金の制度を利用できません。そもそも、国民年金の保険料を払っていないので、付加年金は関係ないのです。

そもそも付加年金は、厚生年金が無い第一号被保険者のために作られた仕組みです。上乗せが無くてかわいそうだから、せめてこのくらいでもという制度なのです。ですから、厚生年金の被保険者が付加年金に入れないのは自然なことと言えるでしょう。

また、サラリーマンの妻などの、国民年金の支払を免除されている人も利用できません。国民年金の保険料を支払っていないのですから、これも当然ですね。

もう一つ注意したいのが、国民年金基金に入っている人も付加年金の制度は使えません。

どこで申し込めばいい

申込みは市区町村で受けつけています。役所の年金課など問い合わせをしてみてください。


老後の年金の受給額を増やす方があります

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。