専業主婦は年金の保険料が免除されるの?

問い:専業主婦の中には年金の保険料を免除される人がいる?

厚生年金と共済年金に入っていない20歳以上60未満の人は、原則として国民年金の保険料を払わないといけません。しかし、専業主婦の中には年金の保険料を免除される人がいます。

免除される人がいるというよりは、専業主婦は国民年金の保険料を免除されることの方が多いと書いたより正確でしょうか。どんなケースで、国民年金の保険料を免除されるのか見てみましょう。

第三号被保険者に該当する場合は、支払を免除される

国民年金に入っている人の中には、第三号被保険者と呼ばれる人がいます。この人達は無条件で国民年金の保険料の支払を免除されます。

どんな人が第三号被保険者に分類されるかというと、次のような条件を満たしている人です。

まず、20歳以上60歳未満であること。これは、国民年金に入る条件だから当然ですね。第三号被保険者も、一応は被保険者ですから。

次に、夫が厚生年金又は共済年金の被保険者であること。つまり、夫が厚生年金や共済年金に入ってその保険料を払っている事が条件になります。

「夫」が厚生年金入っているという条件なので、女性だけが対象になります。つまり第三号被保険者に男性はいないと言うことです。

最後にもう一つ、夫に扶養されていること。法律では「生計維持されていること」と言う表現が使われています。大雑把に言うと、専業主婦で収入がないという点が重要です。

不公平感を感じる人も

この制度には不公平感を感じる人も多いようです。

まず、妻だけが免除されると言うのが男女同権の考え方からすると問題があるように感じられます。というのも現在の制度では、妻が働いて夫が主夫をした場合は、夫は国民年金の保険料を支払わないといけないのです。

もう一つ、夫が自営業をしている場合、妻は国民年金の保険料を払わないといけません。これも変な話だと思います。

夫の職業によって、支払う保険料の額が変わるわけです。職業差別と感じる人もいるはずです。

さらに言うと、会社員として働いている厚生年金に入っている女性も、不公平に感じるはずですよね。第三号被保険者は、優遇される根拠が無いことで優遇されているわけですから。

作った時代の影響を受けているのでしょう

そもそもこの制度が出来たのは、夫が働いて妻が家にいて家庭を支えるというスタイルが良いとされてきた時代です。価値観やライフスタイルの変化に、法律がついていかなかった例と考えて良さそうです。

それならば法律を変えれば良いのですが、それはそれでなかなか難しいようです。というのも、現在の専業主婦にとっては、第三号被保険者というのは既得権です。既得権を取られると思うと、抵抗も強いからです。

また、国会議員の中にも、夫が働き妻は家を守るべきだという考えの人が少なくないようです。現在の議員を世代的に考えると、そういう人が多くて不思議ではありません。

国政でも過去にも何度か第三号問題は遡上に上っていますが、そのたびに断念しています。

よくある勘違い

ところで、第三号被保険者にはついては、大きな勘違いをしている人も多いようです。どんな勘違いかというと、「第三号被保険者の妻の保険料が免除されるのは、夫の厚生年金の保険料から支払われているから」というものです。

一見もっともそうな感じもしますが、これは完全に間違い。なぜなら、結婚しているかどうかで厚生年金の保険料は違わないのです。

もし夫が余分に払っていたら、夫の厚生年金の保険料で支払われているという主張も理があるでしょう。しかし、夫が独身の人に比べて多く払っているわけではないのですから、夫の厚生年金で妻の分も払っていると考えるのは誤解と言って良いでしょう。

これは言い換えると、サラリーマンの妻は間違いなく優遇されているということです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。