保険会社が儲からないことも問題

生命保険会社は自分達が儲ける事を優先に考えています。
そのために、必要のない保険を売ろうとしたり、多くの特約をつけようとします。

その姿勢が行過ぎると問題になることもあります。

生命保険会社が儲からないことも問題

しかし、保険会社が儲からないことも逆に問題と言えるでしょう。
ある程度の手数料を取らないと、会社を経営することはできません。

お金が無いと、保険外交員を雇って契約を取ってくることも出来ませんしね。
また、資金繰りが悪化すれば、倒産ということもありえます。

万が一保険会社が倒産してしまうと、私達が入っている保険の価値は下がります。

消費者を保護する仕組みがあるので、無価値にはなりません。
それでも、価値が下がってしまうのは避けられません。

こうならないためにも、生命保険会社が全く儲からないと言う状態も困ってしまいます。
それに、万が一と書きましたが、保険会社の倒産は時々起こっています。

万が一というほど確率が低いわけでもなさそうです。

保険会社が儲け過ぎるのは、保険料を出している側からすると腹立たしいものです。
しかし、保険会社がつぶれてしまうのも考え物です。

消費者にとっては、痛し痒しと言う感じでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。